李惠likei日々の仕事と、、

カテゴリ:旅( 97 )

ドバイの旅 vol.10 素敵な最後の夜


Dubai last nights.

ホテルへの帰り道メトロの車窓から撮ったダウンタウンの夜景。
ビルの隙間からお月様がこちらを見ている、なんとも感動的な夜景でした。


ホテルに戻り、大音量で流れるバーで最後の乾杯!
ボンバーなおねーさんが作ってくれる最高のカクテル。
パフォーマンスも完璧でした。
c0114110_13322745.jpg
c0114110_13324231.jpg
c0114110_13311408.jpg

c0114110_13342730.jpg


そして次の日の早朝ドバイを発ちました。
c0114110_13354162.jpg
帰りのフライトは昼間なので絶景のアルプス山脈を眼下に眺めながら
映画を見たり、疲れているのに一睡もできないくらいフライトを満喫しました。

c0114110_13374308.jpg
終わり。


帰ってきて疲れてはいたものの
何か体に異変が!

体験したことのない日差しと灼熱地獄になんだか体が浄化したのか
ものすごく体の中心からエネルギーに満ち溢れ
すごく強くなったように感じます。
普段ぬるま湯に浸かりすぎているのかな?

とにかくパワーチャージできたドバイの旅でした。
c0114110_19484155.jpg
次の仕事もきっとうまく行く!165.pngイエ〜イ166.png



後記;
こんなにちゃんとブログを書いたのも久しぶり。
こんな体験も人生であと何回経験できるかわからない。そう思うと私にとって大事な大事な出来事。
このブログでも沢山の場所に行って旅日記を書いてきました。
もう12年も続けている。
思えば一人で仕事をしている私の唯一の心の支えになっていたかもしれない。
いつもおつきあいくださる方々読んでいただきありがとうございました!
これからもよろしくお願いいたします。








by likeiart | 2018-10-01 13:42 | | Comments(0)

ドバイの旅 vol.9 ドバイダウンタウン


パークハイアットドバイの朝食113.png
c0114110_19375238.jpg
c0114110_19375600.jpg
c0114110_19375422.jpg
贅沢〜〜。
キッチンで作ってくれたりオムレツが本当に美味しかった。

これは、お菓子の部屋です129.png夢のような部屋!
c0114110_19374626.jpg
今日のランチの分まで食べるぞ!の勢いで食べたので
お腹パンパンになって
私たちはドバイの中心地ダウンタウンへ向かいます。


敷地内がすごーく広いので
最寄りのMetro駅までこのかっこいい車で送ってくれるんです。
そのスピードがすごいの106.png
c0114110_19484062.jpg

ドバイダウンタウンに来ると流石に人がいっぱい。
こちらがあの世界一高いビル ブルジュカリファです。
やはり近くで見ると大きい〜〜!
c0114110_19522110.jpg
周りもこんな感じ。
c0114110_19523005.jpg
到着するといきなり始まってしまいました。
ファウンテンショー!
わずか5分程度のものですが、ドバイモールの中にあるアップルストアが絶景ポイントなんです!
妹調べの事前情報から絶好の眺めでした!
c0114110_19585515.jpg
c0114110_19585863.jpg
夜はライトアップされたファウンテンショーが素晴らしいとのこと。
私たちは見なかったけどね。

アップルストアにいたアメリカ人のお兄さんたちが写真を撮ってくれました!
c0114110_22211847.jpg


こんな顔ハメもここドバイならでは。小林幸子並みにゴージャスです。
c0114110_19585302.jpg
あ、そういえばこのダウンタウンの中に水族館もあったんだっけ。
今思い出したけど行くの忘れていました。

その後、私たちはエミレーツモールに場所を移しショッピング!
このエミレーツモールもオススメですよ!

ドバイのお土産はこのどのシーンでも出て来たアラブの伝統菓子デーツがオススメ。
このデーツ(ナツメヤシのドライ)ですが、栄養価抜群の上、美容効果が高いんです。
そして美味しい!私は毎朝食べていまーす。
c0114110_22335840.jpg


それではホテルへ戻って最後の夜を過ごしまーす。

続く〜。







by likeiart | 2018-09-30 22:28 | | Comments(0)

ドバイの旅 vol.8 オールドドバイ歴史地区


ドバイといえば、砂漠の上に高層ビル群ってイメージですが、それは明日予定にしていたので
この日はオールドドバイという昔からあるドバイの歴史地区へ散策に行きました。

交通インフラが整っていなくて外は灼熱地獄なのでどこへ行くにもタクシーで行きますが、
結構な広さなので時間もかかります。
少し気の緩みもあったのか、タクシーはメーター式なので絶対ボラれない!と
信じていたらやられました137.png
メーターを着く直前に消され不当な値段を言って来たのです。
ホテルに行く前に同じところからタクシーに乗ったので片道の値段は大体わかっていたのですが
一度NO!と言ってみたもののメーターに表示がないのでなんとも言えません。大体タクシーの運転手はガラが悪い。
最初に乗ったレクサス以外は汚い車がほとんどでした。
こういうのも海外ではあるあるでしたが、一回きりでよかったと思うことします。

オールドドバイという地区は昔ながらの古い集落のような建物をリメイクして
現在はアートギャラリーやカフェなどの小さなショップが沢山入っています。
迷路のようになった建物を散策するのは楽しく、フォトジェニックな場所ですよ。
c0114110_21571022.jpg
c0114110_21565877.jpg
c0114110_21570671.jpg
c0114110_21570496.jpg


ここでも日本のアニメの人気が高く「ドバイのどこかにグレンダイザーの壁画があるらしいから探してみて!」
とのミッションを忘れていたんだけど、突如ここに現れました!(笑)あー探さなくてよかった。
グレンダイザーが何かよくわからない私でしたけど(笑)
c0114110_21522206.jpg
よかったね!

c0114110_21512710.jpg


それからオールドスークという市場へ向かいました。
すると、、、

市場の中はお土産のスカーフやチープなものが沢山売っていたようですが
観光客はほとんどおらず、閑散としていたため
その中に足を踏み入れた私たちはカモ!?
数人の男たちに囲まれ売りつけられるのです。

怖〜〜〜〜〜い!危険!危険!

本当に怖治安悪いです。
ガイドブックには普通に載っていますが、
ガイドさん付きじゃないと本当に危ない143.png
あー怖かった。


それからホテルへ戻り
あ〜〜〜やっぱりここは天国
プールに入ったり食事したりゆっくり過ごしました!
c0114110_21511622.jpg
c0114110_21510893.jpg
ホテルから見る夜景もサイコーです。
向こうにはドバイフレームやブルジュハイファも見えるんだよ〜。
c0114110_21510393.jpg
眠りたくな〜〜〜〜い!



さて明日はドバイダウンタウンへ出かけますよ。

続く










by likeiart | 2018-09-30 09:08 | | Comments(0)

ドバイの旅 vol.7 白亜のPARK HYATT DUBAI


金曜日の午前中はイスラムの方達は休日です。
街の中も閑散としていました。なので渋滞気味の街中もスイスイと長距離バスはドバイに到着。
なんだかこんな休日も偶然重なったりして私たちはこれまで完璧!というほどとてもスムーズに旅を続けています。

ドバイの最後2日間の滞在に選んだホテル PARK HYATT DUBAI !
ここを選んでくれた妹に感謝!感謝!
本当に何処へも出かけたくないくらい素敵なホテルに到着からテンション上がりました。

先に言いますが、このホテル
ロケーションもホスピタリティもサイコー!大満足のホテルライフを過ごせました。
ドバイは沢山の良いホテルがあると思うけど次回があるなら絶対このホテルに決めます!


朝早くアブダビを出たのでホテルには10時に到着したけれど、
やはり快く当然のように無料でアーリーチェックインしてくれました。

ドバイは競ったように高層ビルが多い中、この底層の建築が贅沢さを象徴しています。
広大な敷地内は公園になっていてゴルフ場もあり他との接触がほとんどなくとても静か。
部屋の目の前はドバイクリークでヨットが停泊していてまるでニース?(行ったことないけど)そんな素敵なホテルです。



レセプション
c0114110_11163711.jpg
c0114110_11161501.jpg
c0114110_11160969.jpg
c0114110_11160582.jpg
プール
c0114110_11160103.jpg
our Room
c0114110_11154894.jpg
c0114110_11163312.jpg
c0114110_11155200.jpg
テラス
c0114110_11154649.jpg
アメニティもモノクロでかっこいい!!
c0114110_11163931.jpg
c0114110_11163549.jpg
c0114110_21285887.jpg





ホテルを散策してレセプションオススメのタイレストランにてランチ。
ここでの食事が滞在1番でした113.png
宿泊者以外でもドバイで人気のレストランらしく賑わっていました。
一人6000円ほどしますが、オールオーダーで少しずつその場で作ってきてくれ
食べ放題飲み放題です!(飲み物はソフトドリンク)
本当に美味しかった〜〜。もっと食べたかったけどお腹が満腹!
c0114110_11261688.jpg
c0114110_11262252.jpg
c0114110_11261190.jpg
c0114110_11262585.jpg
c0114110_11261384.jpg
c0114110_11270918.jpg
c0114110_11271868.jpg
c0114110_11264064.jpg
c0114110_11263674.jpg
c0114110_11263562.jpg
接客もパーフェクト!!

ではたっぷり食べた後は、ホテルから出たくないけど、、、
オールドドバイ歴史地区へ〜

ここでちょっとだけ怖い目にあいました。




続く















by likeiart | 2018-09-29 21:28 | | Comments(0)

ドバイの旅 vol.6 アブダビ 7つ星?エミレーツパレスアブダビ


で、そろそろで、石油王はひざまずいてくれた。。。。?131.png





私たちはルーブルを出てタクシーでマリーナモールへ行き、ランチをお安く済ませました。
何を食べても大体オイシイ〜。
c0114110_11471161.jpg

c0114110_11475895.jpg
モールの隣に立っている豪華なホテル。
この辺りはマリーナモールということもありお台場とか、、福岡のマリナタウンとかにも似ている105.png

シーズンオフなのか人気がないのかドバイ空港に降り立ってから
ずーっと人が少ないので何処へ行っても楽チンです。
c0114110_11544672.jpg


ランチの後向かったのは、7つ星ホテル エミレーツパレスアブダビ↓
(え!7つ星って勝手に名乗っていいの〜?てか星は5つまでやろ!)
ランチをモールで済ませる位の低い我々は見学のみですが、どなたも入れます。
c0114110_12022868.jpg
UAEの旗がどーんと立っていて誇らしげに風になびいています。かっこいい〜!
c0114110_12050915.jpg
いきなりランボルギーニがお出迎え。
あれは石油王の?
c0114110_12023104.jpg
しかーし、ここにもいました。〇〇人の団体が!!!!!
なんでお揃いのジャンパー?
品がなくて一気にゲンナリ。
日本人も中国人もあまり見かけませんでしたが、ここに来て団体に遭遇119.png
なんで団体で動くんだろう。。。



ホテル内部はこんな感じで金金金。
c0114110_22575128.jpg
c0114110_22574437.jpg
あ!これが石油王?

この人かしら?エミレーツさん?
c0114110_22574844.jpg
ランボルギーニには違う人が乗って帰ってしまいました。
石油王ではなかったんだね。


夕日に映えるエミレーツパレスも美しかったですー!
c0114110_12070729.jpg
その後、ホテルの向かい側に立つジュメイラビルへ
ここのAT The TOP300に登ります〜。

ドバイの世界一高いブルジュハイファほどは高くないけど
300mほどの高さの展望デッキがあります。
入場料は95ディルハムでその内55ディルハムがデッキのカフェで飲食代として使えるので
とてもお得です〜。

ジュメイラビルはHYATTの左側のビル。
HYATTの建築の方もカッコイイです。
c0114110_23043682.jpg
そして登って来ました!
c0114110_23162083.jpg
眼下に先ほどのエミレーツパレスの全景が見えます。
でっかーい!
c0114110_23105695.jpg
c0114110_23152076.jpg
そしてちょうどSUNSETの時間〜!
c0114110_23100828.jpg
c0114110_23083259.jpg
こちらのテーブルでビールを飲みながら日が暮れて夜景に変わるまでゆっくり過ごしました。
私の好きなミッドセンチュリーなデザイン。
椅子やテーブルがステキ!
c0114110_23164066.jpg
なんと日本のビール!
しかも見たことのない常陸ののクラフトビールではないですか!
どんなルートで入って来ているんでしょうね?
イスラムの人はお酒を飲まないので一般のスーパーや売店などでは売っていませんが
観光地やホテルのレストランはお酒があり飲めますよ〜!
c0114110_23163766.jpg
c0114110_23152242.jpg

そう、このジュメイラビルの1Fのカフェも眺めもとっても素敵だったので
ここでゆっくりしてもよかったかも↓
c0114110_23280458.jpg

まだ行きたいところもあったけどこれでアブダビ終了。
次の日は朝早く出てバスでドバイへ向かいます!



ツアーだと移動も予約も楽チンだったりするけど、
やっぱり自分の行きたいところを気分次第で行けたり
珍道中があるのも
個人で行く旅の醍醐味ですね。
楽しーーーーーーーーイ♫

明日へ続きまーす。







by likeiart | 2018-09-29 10:10 | | Comments(0)

ドバイの旅 vol.5 アブダビ 海に浮かぶルーブルアブダビ


ドバイの旅 3日目です。(3日目だけどなんだか盛りだくさん〜)
アブダビのホテルは前日の砂漠のリゾートと比べると簡素ですが、
それでも2ベッドルームとリビングやキッチン、ダイニングもあるアパートメントタイプ。
持て余す広さです。ここに2日間滞在しました。
c0114110_22195356.jpg


アブダビはUAEの首都なのでドバイよりは都会で歴史もあり見所もたくさんあります。
今度来ることがあったらアブダビだけでもいいかな〜なんて思います。

そこでアブダビ2日目。もう一つの目的は?

去年出来た美術館 「ルーブルアブダビ」です。
あのフランスのルーブル美術館がアブダビに初めて名称を貸したのですよ!!
30年間「ルーブル」の名を冠する対価としての4億ユーロ(約530億円)支払ったそうです。
すごいですね〜150.png
展示されている作品もルーブル美術館やフランスの美術館から貸し出ししてもらっているとのこと。

そしてこの海に浮かび上がる素晴らしい美術館は
建築家ジャン・ヌーヴェルが設計を手掛けました!

c0114110_22361634.jpg
c0114110_22362249.jpg
c0114110_22363255.jpg
c0114110_22372913.jpg
まあ〜 しゅごーーーーーーい💓
入る前から一気にテンション上がりまくりでーす。

入場料は約2000円くらい。
展示物は絵画より彫刻作品多かった。
作品よりなんかもう建築がかっこよすぎてそっちばかりに気を取られます。
c0114110_22442224.jpg
c0114110_10334516.jpg

c0114110_22475416.jpg
c0114110_10314811.jpg
ナポレオンも
c0114110_22490158.jpg
ダビンチの絵です。
モナリザ以外初めて見ました。
c0114110_10091094.jpg

c0114110_22501885.jpg
日本の美術館の監視員は膝掛けをかけてジトーっと眠そうに座っている年寄りの女性が多いけど、
背が高く黒いスーツを着てピシッとした黒人のスタッフがかっこいいい〜!
この白い建物にぴったりのアクセサリーになっていますね!
c0114110_10321484.jpg
そして、、、
奥に進むとこんなことになっているの〜ヒョエ〜〜〜151.png
天井から光が降っているようですっごく綺麗!
c0114110_22531752.jpg
c0114110_10340786.jpg

c0114110_22534312.jpg

海の色もターコイズブルー!
私たちはこの海を眺めながら美術館内のカフェで一旦お茶を飲み
c0114110_10100761.jpg

奥に進むと日本のマンガ展をやっていました。
まさに「外国人がイメージする日本」をうまくディスプレイしていて
とても面白かった。
畳をイメージしている床は本物の畳ではなく
ただ貼っているだけなんだけど畳に見えます〜。
ここではいろんな体験ができました。
c0114110_10123052.jpg
c0114110_10123647.jpg
c0114110_10121951.jpg
この壁に自由に落書きしても良さそうだったので
私もせっかくなのでちょっと足跡を残してきました。
c0114110_10144042.jpg
やっぱりコレ?笑
c0114110_10123489.jpg
ちなみに妹のはこれです。
私と対照的で何事にも控えめさんですw
c0114110_10351665.jpg


パリのルーブルとは全く様式も広さも違ったから別にルーブルを名乗らなくても、、www
なんて疑問もありましたが、ルーブルだから行ってみよう〜みたいなところもあるのかな?
この建築だけで世界中の人を呼び寄せることが出来そうですけどね。

ここルーブルの隣には現在ニューヨークのグッケンハイム美術館が
フランクゲーリーの建築で建設中なんですよ!
これも期待大大大ですね!出来上がったらまた行きたいな〜162.png


ではまだまだアブダビは見所満載です
続く!

by likeiart | 2018-09-28 10:44 | | Comments(0)

ドバイの旅 vol.4 アブダビ 魅惑のシェイクザイードグランドモスク


夕刻から夜までの美しく変化していくモスクをこの時間帯に拝観することを是非お勧めします!
それはそれは美しく幻想的な世界。
信者じゃなくても一般公開(無料)で拝観できますよ。

まずは夕日が涼む頃。
建物の南側の外観です。
ここがシェイク・ザイード・グランド・モスク

世界最大級のモスクです
c0114110_15071584.jpg
中に入ると大きな中庭になっていて
正面はこのような素晴らしい光景が待っています。
c0114110_15072534.jpg
c0114110_15075057.jpg

長い廊下を渡って礼拝堂内部に入ることができます。
大音量で流れているコーランからイスラム教の敬虔さも同時に感じれます。



このモスクにはUAEの建国の父シェイク・ザイードが埋葬されていることから名前が付いているそうです。
シャンデリアは24金メッキとスワロフスキー。
床は世界最大の手織りのカーペット。
550億の建設総工費。本当に贅を尽くした美しい建築です。

c0114110_15073438.jpg
c0114110_15073917.jpg
c0114110_15080141.jpg
c0114110_15072979.jpg
服装は肌や髪の毛を隠さなければいけないので完全防備していったつもりが
あっさりと検査で着替えろと言われこんなねずみ男スタイルに。
でもなかなか似合っていたw
私なんか背が高いからまだ良いけど、それでも歩きにくかったけど
ちっこい人は大変そうでした。

c0114110_15351076.jpg
c0114110_15350772.jpg
明かりが変化してきました。
c0114110_15075731.jpg
美しい〜〜〜
c0114110_15074363.jpg
c0114110_15075444.jpg
夜は青く光り浮かび上がったモスクには言葉にならないくらい感動〜!


この間2時間あまり。。
暑くて何度か熱中症になりかけ、どうでもよくなりそうになっていましたがw
本当に感動のモスクでしたよ!



この日はこれでおしまい。
次の日は、
私が一番行きたかったところへご案内いたしま〜す!



続く〜!















by likeiart | 2018-09-27 08:56 | | Comments(0)

ドバイの旅 vol.3 砂漠のリゾートの朝〜


朝起きて外を見ると、、しまった!


朝日を見るために宿泊客がお散歩している!出遅れた〜〜〜〜106.png
と慌てて支度をしてホテルの外へ。。
砂埃の空ははっきりと太陽が昇っているのがわかりませんでしたが、
それでもこのドラマチックな光景は他の星にでも降り立ったようです。
うわあああ〜綺麗〜。
そして見渡す限り何にもな〜い。
c0114110_14142543.jpg
c0114110_14161243.jpg
c0114110_14142100.jpg
c0114110_14141984.jpg
その後は、素敵なレストランで朝食です。
c0114110_15071885.jpg
c0114110_14250433.jpg
c0114110_14461838.jpg
c0114110_14462095.jpg
c0114110_14460928.jpg
お料理の盛り付けやディスプレイも素敵!
そして美味しい!

ここからの眺めはなんだかサンダーバードを思い出します。
映画のセットのようにも思えるけどこれが現実の世界。。すごいなあ。
c0114110_14250770.jpg


c0114110_14245855.jpg
ゆっくり朝食をとってまた散策をした後
私たちは名残り惜しくも11時にチェックアウトして
これからUAEの首都アブダビに向かいました。

まずタクシーで60kmのドバイのエミレーツモールへ行き
それからMetroでイブンバトュータへ。
そしてアブダビまで長距離バスに乗ります。
ドバイからバスが出ていますが、中間あたりのイブンバトュータから私たちは乗りました。
バスは安かったけど、旅行客なんて誰も乗っていない。
結構な道のりにヘトヘトになり結局アブダビに着いたのは夕方でした。

外はほとんど暑くて歩けません。短い距離もほぼ移動はタクシー。

一度ホテルにチェックインしてお目当の
シェイク・ザイード・グランド・モスクへ。

やはり夕刻からのモスクは
それはそれは美しくアラビアンで豪華絢爛の建築に酔いしれるのでした。

それは次の話で165.png





by likeiart | 2018-09-27 08:47 | | Comments(0)

ドバイの旅 vol.2 砂漠のリゾート Bab Al Shams Desert Resort & Spa 


「で、なんでドバイ?」

なのかって、このホテルをwebで見てしまったからなのです。
まあアジアには行きたくない、ヨーロッパはちょっと気合いがいる
少し疲れたのでご褒美旅行に良い場所はないかな、と言う感じで探していました。

Bab Al Shams Desert Resort & Spa
このホテルに泊まりたい!と言うのが始まり。。。
で、ドバイを検索していくと、後にある場所があるからなのでした!



タクシーで60〜70kmはあるもののほぼ信号もないので1時間弱でホテルに到着。
250ディルハムでした。(1Dhs=30円くらい)
この国はチップも必要。慣れていないのでチップを考えるのがストレスになりますよね。

タクシーを降りると丁寧なホテルスタッフがお出迎え。
朝8時くらいでしたが、無料でアーリーチェックインさせていただきました。
なので一泊の予定が充分楽しめましたよ〜。
この時期は観光客も少ないのかな?泊まっている人も少なかったです。

予想通りここは砂漠!
そしてリゾート!外は43度くらいで体感は50度くらいだそう。
もう空気から暑くて息ができないほど暑かった。
今年の夏は日本も相当暑かったけど、赤道近い国はこんなにも暑いのか!151.png
まだ風邪も完全に良くなってない私のとっては老体とともにかなり堪えるものでした。

しかーし、そんなことも吹っ飛んでしまうほどこのフォトジェニックなホテル!
アラビアンな異世界。
どこを切り取っても素晴らしい景色と建物〜。
c0114110_12302943.jpg
c0114110_12302456.jpg
c0114110_12325763.jpg
c0114110_12325441.jpg
c0114110_12324315.jpg

c0114110_12323740.jpg

c0114110_12325080.jpg
私たちはいろんな場所で写真を撮りながら
プールへと直行しました〜。
c0114110_12361576.jpg
c0114110_12364928.jpg

c0114110_12323113.jpg
気持ちいいよ〜。

ここは周りは砂漠。することがないって本当に贅沢。
プールサイドでのんびり夕方まで過ごしシャワーを浴びて
絶景の夕日を眺めます。
c0114110_12395600.jpg
ほんとは無料でラクダにも乗れるんだけど
今、MARSが流行しててラクダに触ると検疫を受けないといけないので断念しました。
なので作り物に乗りました(笑)
c0114110_12545303.jpg

砂埃で空も黄色く視界がぼんやりしていますが
それでも絶景のSUNSET〜!
c0114110_12295383.jpg
c0114110_12495751.jpg

夕日を眺めホテル内にあるレストランでイタリアンの夕食を。
ドバイは海老の生産量が多く、サラダにも豪快に海老が載っていて
すごく美味しかったです!

c0114110_12481489.jpg
夜のプールサイドや施設内も本当に美しい。
お月様も綺麗でした!
c0114110_12513840.jpg
c0114110_12520700.jpg
c0114110_12522534.jpg
あ〜なんて幸せなの!となんども言ってしまう〜。



ほんとはまだまだ沢山写真があるのだけどね、
この日はおしまい。

ドバイvo.3へ続く〜。
















by likeiart | 2018-09-26 13:03 | | Comments(0)

ドバイの旅 vol.1 Emirates.


羽田0時30分発直行便 Emirates.エミレーツ。
今回の旅のお供は妹だったので早くに広島から羽田に来ている妹のため家を早く出ましたが
3時間前のチェックインカウンターは大行列。
ひえ〜と思いつつ並ぶと、事前チェックインしていた私らはスイスイで、あっという間のチェックイン。
webやアプリで事前チェックインは必須ですね!

早めに行ったとはいえ、久しぶりの国際線の中は楽しい〜♫ あっと言う間にフライトの時間です。
エミレーツは世界でも一番と言われる憧れの航空会社ですが、、、、私は知っていました115.png(乗ったことなかったけど)
大したことない!しかも去年から座席指定にお金がかかるというシステムになっており
私たちは行きは座席前が広〜い非常口付近の席を取って(+10,000円)
帰りは後方座席のペアシート(+6,000円)を取ったので結局安チケットがそうでもなくなったのでした。
(ちなみに普通席は3000円必要です。LCCかっ!)
あとで考えると私なんか間違えて6万円をチケット代で損をしているので
正規のEmiratesのサイトからチケットを取った方が何かと一番良かったと思うのです。

座席は狭い!やはりJALのヨーロッパ便がエコノミーでも最高です。
1、5倍のシート幅があるので。

行きは、座席前が広〜いけど、モニターは下から出してこなきゃいけなかったり
ご飯食べるのも一苦労なのでこの席はあまり良くない。
帰りのペアシートはすごく快適でしたけどね。

エミレーツの食事です。
内容は他の航空会社とほぼ変わらないけど、味付けがとっても良かった。全ての機内食が美味しくいただけました。
あと良かったのは映画の数が800くらいあって見放題。
復路に観た去年アカデミー賞を取った「Three Billboards」はめちゃくちゃ感動しましたよ!


それからCAさんは最高に可愛い💖
向き合ってCAさんを眺められるのはこの席ならではですね!
バッグや制服がなんともオシャレ〜♫
しかも電話しているだけなのになんでこんなにくねっているのでしょう(笑)
ん?誰かを思いました(笑)
c0114110_10523193.jpg



ドバイ到着(現地時間朝の6時)です。
時差はー5時間で10時間くらいのフライトはなんだか気軽に行ける範囲ですね〜。
ちょうど日の出の時間でした。
さすがに満席でしたが、トランジットの人がほとんどでドバイで降りる人はすごく少なかった〜。
これまたすぐに入国出来ました。
c0114110_10525158.jpg




さて私たちはこれから60kmほど先の砂漠のリゾートへタクシーで向かいま〜す。
乗ったタクシーはレクサス!wifiは車についているし、ドリンクホルダーは出してくれるしで
そこから金持ち大国の旅が始まったのでした。

なんか最近いろんなとこへ出かけてお仕事している私ですが、完全OFFの旅って本当に久しぶり!
夏も休みなくめちゃくちゃ大変だったここ半年以上。。
大きく羽を伸ばしていいんだ〜って思うと心も高揚して来ました。



次回へ続く。












by likeiart | 2018-09-26 10:53 | | Comments(0)