李惠likei日々の仕事と、、

出発(1/24のこと)

旅のはじまりはじまり〜
c0114110_17202943.jpg

福岡空港での朝飯
これがこの先の旅の中できっと一番ほっとした食事に違いなと思い
ごはんおかわり(^0^)

国内線を乗り継ぎ
福岡→羽田→成田。。。

私は飛行機が大好き。
飛行機に乗るのは窮屈で嫌いだけど空港のなんだかドラマがはじまるような
わくわく感、、いろんなところへと飛んでいく飛行機が目の前で見れ
その大きさの迫力といい、かっこいいフォルムといい、
各エアーラインのロゴの格好良さ。。。。
c0114110_17244860.jpg

今回私をサンフランシスコへと運んでくれる飛行機はコレ!
NWAノースウェスト航空。この新しいロゴがまたオシャレ!
行ってきます〜

隣に乗り合わせた男性二人はサンフランシスコ経由でどこか?に
アウトドアの見本市を視察に行かれるんですって。。
日本でセレクトショップをされている会社の方でした。
そんなお話をお隣さんとしていたら機内食タイム。
c0114110_17253544.jpg

ノースはお酒が有料なんですが、眠ろうと思ってワインを注文した
けどこのあとの9時間の飛行はほとんど眠れませんでした(涙)
c0114110_17281651.jpg

サンフランシスコ着
どんよりした空模様。。寒い。
なんかひとり悲しくなる。
ほんま大丈夫かいな〜(;-;)

BERTと呼ばれる地下鉄乗ってホテルへ。
地下鉄を降りると冷たい雨。。。
あたりはなんだか様子がへん。
恐い。恐い。恐い人ばっかりー。
路上に意味もなく立ってなにか叫んでいたり、物乞いしていたり
ケンカしていたり、、、、。(おいおい;)
想像はできていたけどホテルが見つからず、、、、、
でもこの人たちに聞けない。。どうしよう〜〜〜。

スーパーに入って店員に聞く。
やっとホテルが見つかる。(よかったー)

チェックインしてすぐに岸さんのケイタイに電話して
シャワーを浴び、会場となるモスコーニセンターへ。
c0114110_17304588.jpg
c0114110_17305759.jpg

会場ではまさに戦争状態で準備が進行中でした。
すぐに設営の準備を手伝いする。

岸さんとランチ。
サンフランシスコでの初めての食事はこれ。
これは日本食のレストランでUDONを注文。
c0114110_173242100.jpg

うどんに生の人参が入っていた(またこれがまずいのっ!)
ちなみに岸さんが注文した松華堂弁当のようなものには、お寿司が入っていたのに
さらにごはんがお茶碗に入って来て
「さすが炭水化物大国!」と岸さんがうなってました(笑)

気は取り直さずに準備へ戻る。
私のパネルを取り付け。。無事作品が傷む事もなく到着していてほっとしたで。
日本から出展者の石黒幸誠氏もいらしててお手伝いしていただきました。
c0114110_17314286.jpg


石黒幸誠氏のプロダクト。
黒檀を使って制作された六角形の照明。自在に組み合わせ可能なその形は
無駄なく計算されシンプルでかつデザイン性の高いプロダクトです。
彼は本業ファッション系の写真家(東京)。写真家ではかなりの有名人。
とっても目に力があってワイルドセクシーですごく魅力的な人でした。
久留米出身だって、、親近感湧いたけどぜんぜん雲の上の人。
このプロダクトはこちら。彼の写真はこちら。
c0114110_17332361.jpg


このあとお手伝いしていたら時差で睡魔が襲い気を失いそうになった私はホテルへ。
帰りは近くのホテルに宿泊の小松崎さんと一緒に軽く食事をして帰りました。
ここで「Hot Spicy Soup」を注文したら、なんと韓国人がやっている
お店で「キムチスープ」みたいなものが出て来た。
(ここまできて韓国かよ。)

今日はそんなで美味しいものにもありつけず長旅疲れ、
救急車やパトカーのサイレン鳴り響く中、私は爆睡。。。
(ホテルのレビューも本当だった)
明日へつづく。。。。。

読んでくれてありがとう、ついでに
ぽちぽち!
by likeiart | 2008-02-02 18:05 | アメリカへ | Comments(2)
Commented by あげ升の嫁 at 2008-02-05 04:06 x
李恵さん、お帰りなさい!
グランプリおめでとうございます☆☆☆
本当に素晴らしい作品ですね!しかも、こんなに大きいなんてびっくりしました。
李恵さんがとっても偉大な女性にみえます。
こんなに大きなことをやり遂げて、
しかも最高の結果を残す・・・
本当に素晴らしい~!!!
李恵さんの作品が生で見たかったですっ
これから、世界で活躍する李恵さんになりますね☆
本当にお疲れ様でした。
日本の美味しいごはんを食べて(笑)疲れを癒してくださいね。
Commented by likeiart at 2008-02-05 16:41
あげ升の嫁さま、ただいま〜コメントありがとうございます。
そうですね、とても素晴らしい結果となってほっとしています。
これがお仕事だったのでみなさんに喜んでもらえる、それが一番の目的で果たす事ができてよかったです。
でもそれがどんな土俵でも同じ事。
私のまわりにはあげ升さんの様に応援して下さる方がいて
そして作品を評価してくだされば、どんなとこでもどんな小さな御依頼でも一生懸命それに応えたいと思っています。
それがアメリカに行って私自身がもう一度再確認できた
大きな収穫でした。
これからもどうぞよろしくお願いします。
あげ升さんでまた美味しいごはん食べに伺います。
(部長がアメリカのご報告会しよーって言ってますので^0^/)