李惠likei日々の仕事と、、

嫁に行きました

c0114110_09444063.jpg

今回の小さな作品展でも十数点の作品がお嫁に行きました。

絵や書は、誰でもどんな人でも描く事が出来ます。
そしてその作品を発表する事も誰でも簡単に出来ます。

ですが、その作品というものを購入していただけるということは
また別の話で、そこで初めてプロになるんだと思います
でもプロと言っても芸術家には試験もなければ資格もない〜
「自称!」に過ぎません。

私が好き勝手に描いた物を「大事なお金を出して買っていただける」
この事はやはり作家にとって最高の賛辞であろうし
世の中の人に「描いても良いよ」と言ってお許しをいただけたと思える瞬間でもあります
こんなことを職業としてよいのかともんもんとした中での制作中の悩みからも解放される瞬間でもあり
そして最大の励みにもなります


この作品をお渡しするときに
「李惠さんはこれからどういう風になりたいの?」と聞かれました

そうだな〜。
今までと変わらず何事にも前向きに取り組んで行こうと思いますが
この東京でひとつ頭を出せるにはまだまだ長い時間もかかるでしょう
でも不可能ではない気もしています
一人でも「描いていいよ」と言ってくれる方の気持ちを励みに
これからも地道に挑戦し続けようと思います


私には伸びしろがまだまだある事を信じて。










by likeiart | 2016-05-01 09:49 | ひとりごと | Comments(0)