李惠likei日々の仕事と、、

思いは九州へ


とっても寂しい気持ちになります
東京にいると、九州はとても遠い国のように初めて感じました。
今回の九州の地震に対する感想を同じように東京の方数人に聞いてみました。

東京では
普段と同じような毎日が過ごされほとんど誰も会話にもでない
街の中で募金活動も見られない
悲しいかな東京の人たちの意識の薄さに
ちょっと唖然とすることもありました。
同じ国に起こった悲惨な状況にもこの程度の関心の低さなのだからとても残念。

「明日は我が身」なんていう言葉もそもそもその事態に他人事のような気がして私は好きじゃない

その意識って多分こういった震災などだけではない気がして
途方も無い切なさと恐ろしさのようなものが私の中で渦巻いている
所詮他人は他人。人情ってそんなものなんだ
この豊かそうで豊かではない国で仕事をして行く事
生き残るためには相当の努力が必要と共に自分の事は自分で守るということを
改めて気が引き締まる思いでいます


私は故郷九州にいつもいつも心を寄せています
熊本のみなさんのご無事と被災された方々の一日も早い復興を心よりお祈りしております



そして私はいつも自分に関心のある事だけではなく身近で起こる事、世界で起こっている事
ミクロもマクロも常に関心持って心を寄せる事が大事なんだと思っています




by likeiart | 2016-04-24 11:45 | ひとりごと | Comments(0)