李惠likei日々の仕事と、、

ミークンのいつもの習慣その2

      
        ここは2階のミークンの部屋です。
c0114110_949119.jpg

  実家の2階は二部屋あって、ひとつは両親の寝室、
  もうひとつはミークンの寝室になっています。(1匹で1部屋)

  両親は寝るときに、リビングにいるミークンに「もう寝るよ」と声をかけると
  すぐに立ち上がり、一旦トイレの手洗いの蛇口をひねってもらって水を飲ませてもらって
  2階まで一緒に上がり、ドアの前で「おやすみなさい」と告げ
  自分の部屋にさっさと行って朝まで寝ます。
  決して両親の部屋まで付いてはいかず自分の部屋でおりこうちゃんに寝るのです。

  私と暮らしていた時は、毎朝4時に飛び蹴りで起こされていましたが
  両親の家ではこんなしつけをしてもらっています。

  
  でも みぞおち飛び蹴りのあの息が出来ない苦しさをもう一度味わいたくなったりして
  寂しくなります。
by likeiart | 2013-04-11 09:56 | ミーチャン日記 | Comments(4)
Commented by sasarin at 2013-04-11 12:09 x
猫ちゃんは、家に住み着くて言うから、もう李惠さんより、ご両親の家がいいかもよ。さびいしいねぇ〜!
Commented by likeiart at 2013-04-11 12:51
sasarinこんにちは〜。
そうなんですよ。すっかり私はどっかのお客さんみたいな感じ。
もちろん覚えてるけど、餌をくれる人が一番なのです。
寂しいでーす><
Commented by どーも at 2013-04-12 12:37 x
朝4時のドロップキック。。

likeiさんおブログを知った頃のエピソードをふと思い出した。
早朝の「おーーーい!おーーーーーい!」とし階下の隣の塀?の上から助けを求めていたみーくんたーんを。
Commented by likeiart at 2013-04-12 21:21
どーもさん、レアな記事からの読者さん長い間ご愛読ありがとうございます。外に出ちゃった?落ちちゃった?初体験でしたね!
笑えます。
ミークンと私の年老いてゆく様を見守っていただいてとても嬉しくおもいまーす♥
これから私たちどんな風に変わって行くかお楽しみに〜〜〜♬