李惠likei日々の仕事と、、

京都・京町家ステイ・アートプロジェクト

c0114110_9152366.jpg


c0114110_965592.gif

今回の目的の3つ目、この一週間開催されている京都・京町家ステイ・アートプロジェクトを拝見するためだった。
ゲストハウスとして滞在することを目的にリノベーションされた京都の町家4つを
それぞれのアーティスト4人が自らのアートを展示しつらえるという面白いイベント。

町家は私の通っていた大学の教授が二人と外部の講師でお話を聞いて衝撃を受けていた
陶芸・美術家の近藤高弘氏が参加!


■ 藍の町家→筋屋町町家 × 福本潮子(染色家)
c0114110_9152745.jpg


■ 影像の町家→石不動之町町家 × 大西宏志(映像作家)
c0114110_9152910.jpg


■ 品格の町家→和泉屋町町家 × 畠中光享(日本画家)
造形大の日本画の先生でもある畠中氏の作品としつらえはとても素敵でした。
c0114110_9152916.jpg


■ 万象の町家→美濃屋町町家 × 近藤高弘(陶芸・美術家)

c0114110_9153416.jpg

近藤さんのギャラリートークにも参加し貴重なお話も聞く事ができました!
c0114110_9153517.jpg



古民家再生とかリノベーションとか、ちょっと前に流行っていましたが、
あまりにも浅はかなリノベーションで流行もん的な感じでバカにしてたけど
京都の町家再生って格段にレベルが違います。
古い町家とアートの融合は素晴らしい空間へと再生されていました。
こんな空間に私の作品も飾ってもらえたらな〜〜〜〜〜なんて思いましたが、、、、、

この4つを見終え、マクドナルドに入り、ドトールに入りお茶を飲みながら
そこでお茶を飲む人種を観察。
アートアートなんか言ってても、あ〜〜〜〜〜ここにいる人たちには無縁、無関心のもので
でもこの人たちが日本の9割をしめるのではないだろうかと思うと
なんだかステ〜キなこんなイベントをしている方々とそれを見て文化人気取りをしている人の
ほうが無意味な気がしてくるのは、あまりにも辛口な批評なのでしょうか。
c0114110_9282745.jpg

アートが世の中にもたらす役目とはなんだろう。。。
なんて、考えたりした今回の実り多い?続・京都修行の旅でした!
by likeiart | 2012-01-23 09:32 | 京都修行 | Comments(0)