李惠likei日々の仕事と、、

何のために生きているのか

c0114110_10463485.jpg

              漆作品 村田好謙氏


月曜日に取っている日本芸能史は、
歴史的な背景と共に受け継がれて来た日本の芸道についての講義で
広くて奥深すぎて私にはちょっと難しすぎる。
半分寝ながらノートを取る特技を身につけた(笑)

しかし火曜日の「京都学」の講義は毎回興味深い。
実際にその道の職人さんやアーティストから生きたお話が聴けるから。

昨日の京都学は「漆芸」の村田好謙先生のお話。
お寺の壁に、お釈迦様が産まれて来る情景を蒔絵で表現されている。
映像で見せていただきましたが、ほんと涙がでるほど感動!
それはそれは素晴らしいものでした。

「何のために作っているのか?」という質問をよくいただきます。
好きだから、やりたいからやっている。
食べて行くためのことなど二の次なんですね。

それは私にとって「何のために生きているのか」と言われているのと同じ。

作品を創るために生きているのではなく、作品を創っていると
考え悩み、自分を発見したり自分自身を知ることができる。

それが生きているということなのかな。

いろんなことを悩みながら自分の進みたい方向を模索していると思いますが
やりたいことが決まった時点で半分幸せなんですね
あとはその幸せをどう形に仕上げて行くかだけです。





どんなにすごい方でも努力を惜しまず、自分自信と戦い苦しみながら制作をされている。
私はここ京都に来て沢山の芸術と向き合って来た。
その素晴らしい芸術を残して来た方々に敬意を表し、そして途方に暮れたりもする。


しかしある時、ふと思ったこと。

日本の芸術家たちの活躍や歴史を年表にしてみる。
すると2011年、今を生きている芸術家たちは同じラインに立っている!ということ。
才能や環境の差は多いにあるけれど、みな同じ時代に生きているこの瞬間は
同じスタートラインなのだ!

なにも怯む事もない。大きな時の流れから見ると1年10年なんてちっぽけな物。
そう思うと、この重圧の中から解き放たれ
自分もこの「時」というラインではもしかして秀でるチャンスが来るかもしれないと

思って見たりする。。。。。と少し楽になる(笑)
by likeiart | 2011-11-30 10:49 | 京都修行 | Comments(9)
Commented by ma-miniature at 2011-11-30 21:21
同感!!!!!!!!!!!
Commented by likeiart at 2011-11-30 21:53
>まりこさん ありがとうございます!
ここ京都では、目にするものすべてが何かを語っています。
それをひとつひとつ拾って行くと気が狂いそうになりますが、
きっと今後の自分にとって何かに役に立つと思います。
同じ土俵でがんばりましょう。
Commented by ペパーミントパティ at 2011-11-30 22:25 x
そうだ!そうだ!
俯瞰で自分を見つめてみよう。

おそらく10年後、我々は国立博物館で『大李恵展』を観ることとなる。今、我々が観ているのは“初期の李恵”の作品群に過ぎない。
その後世界的な画家となり、海外のアーティストに影響を与えることとなる李恵に、今触れられるのは、幸せなことなのである。
Commented by likeiart at 2011-11-30 23:47
>pepaちゃん;笑
ぎょうらしいのうお。
10年後の自分に手紙を書いておきます。。
Commented by hana-pk at 2011-11-30 23:49
ペパちゃんの言う通りだべ。。。
そう 今から未来の李惠巨匠に向かって前進して下さい。
人は人。自分は自分と思うと気持ちも楽になると思います。
お互い無いものネダリの人生だし、凄い人は見えないところで何だか
努力してますもんね!!
李惠のポリシーを捨てないで今迄通りで良いとおもいま〜す♡
Commented by likeiart at 2011-12-01 00:10
ha-i!!
未来の巨匠?に向けて、、今まで通りにがんばりまーす。
もうちょっと集中力がアップするように座禅でも組もうかしら?
Commented by hana-pk at 2011-12-01 00:49
目ん玉に水晶入れて〜♬
Commented by ペパーミントパティ at 2011-12-01 13:12 x
かぁーつっ!
かぁーつっ子、くねっ♥
Commented by likeiart at 2011-12-01 20:25
なにゆうとるん?(笑)