李惠likei日々の仕事と、、

芸術の世界に生きる人

c0114110_1024695.jpg

           近藤孝弘氏 ミストシリーズ「ポートレート」



最近の講義で印象的だった方をご紹介。
この作品を作ってらっしゃる陶芸・美術家「近藤孝弘」氏。
清水寺の代々続く陶芸の一家に産まれる。
おじいちゃんは染め付の人間国宝の近藤悠三
お父様や叔父さんも陶芸家では有名な方で、そんな家にサラブレットとして産まれた近藤氏。
芸術家としての栄光のレールは敷かれているようなものです。

そんな中であるからこそ反発心も生まれ、違う道へ進む事を選んだ近藤氏。
しかし伯父さんが芸術家として思い悩み自殺をされたことを機に
近藤氏は陶芸の道に進むことを選ばれたそうです。

それからお父様の元で修行を積み、早くからその才能を発揮し、海外などで高い評価を得られ
現在もなお進化し続けている本物の芸術家です。

あれだけ芸術の世界では賞賛を浴び続けていらっしゃるのに
とても素朴で制作に対する姿勢もとても謙虚。
しかもたいしたオーラも出てないのに(笑)ほんとに素晴らしい方でした。



陶芸という世界もほんとに難しいだろうなと思います。
私も携わった有田焼や伊万里焼では、その厳しい現状を目の当たりにしました。
売れる物を意識して作れば、いいのか。
自分の中に湧き出る物だけを、作り続けるには相当なエネルギーも資金も精神力も要ります。
誰も認めてくれないと「生活」していけないわけですから。
芸術家はそんな葛藤に苦しみます。

それでも秀でている人には、そのもうひとつもふたつも上を行く
才能もエネルギーも持ち合わせているのですね。


沢山の作品を見せてもらい、
私も もっともっと熱を持ってがんばらければと思わせてくれる講義でした!

近藤氏にもう一度会ってぜひお話が聞きたい!
by likeiart | 2011-11-26 10:22 | 京都修行 | Comments(6)
Commented by hana-pk at 2011-11-26 10:48
右の写真ぶりっ子〜♬ 学生生活も残り少なくなりましたね!!
Commented by likeiart at 2011-11-26 10:53
>もう!かっちゃん、ちゃんとブログの文章も読んでよね!(笑)
バス気をつけてね〜〜〜〜〜〜〜まってるよーん♡
Commented by ペパーミントパティ at 2011-11-26 18:11 x
芸術の世界は特に
『上には上がある』ものですよね。
近藤氏の塑像、素晴らしい!生で見たい。
何か久々に美術館に行きたくなったなぁ。
あっ!西新の保険美術館に行ってみよっかな。頭上にう●●。
Commented by likeiart at 2011-11-26 23:55
>pepaちゃん 素晴らしいでしょう。
これひとつで多くの人を引きつける作品です。
ほんとに刺激された講義でしたよ。
西新の保険美術館(笑)も女子高生に人気らしいです。
写真撮って行くんだってw
ありがたや〜でも弟には迷惑やわね
Commented by hiroto--y at 2011-11-27 16:28
西新の保険美術館 館長です。
なんでこんなとこで噂になってるかな?(笑)
pepaさん、待ってますよ~、お金とりますからね(笑)

ねーちゃん、熱く頑張ってるよぉ~!
(チラシにもHPにも・・・、う〇ちが載るんですけど・・・)
Commented by likeiart at 2011-11-28 09:03
>hiroty
ティッシュ配り終わった?w
館長これから益々忙しくなるね!
みなさんにウンがつきますように。
私の絵とともに大きくなってくだされ