李惠likei日々の仕事と、、

美術館大好き!



安藤忠雄設計 京都府立陶板名画の庭
http://toban-meiga.seesaa.net/
期待していなかったけど、入場料100円で結構なものでした。

モネの睡蓮が水の中にありました!
絵画は全部陶板でできているので、濡れても大丈夫。
ここはすべて屋外になっている。屋根がありません。
c0114110_9342823.jpg

c0114110_9343541.jpg

c0114110_934345.jpg

          (知らない中国人があたしを撮っているw)

              絵画はどれもがデッカいよ。
c0114110_9343823.jpg




お次は、堂本印象 美術館
http://www2.ocn.ne.jp/~domoto/

京都では数多くのお寺などに作品を残した堂本印象師
彼自らがデザインした美術館です。
とってもユニークなデザインでいいですね〜。
c0114110_9422211.jpg

c0114110_9394426.jpg

c0114110_9394435.jpg

以前まゆみちゃんが「この美術館にlikei連れて行きたいんだよね〜」と
堂本氏 晩年の抽象的な作品を見せてもらったときには
「こんなん嫌い」と軽く言ってたんやけどw、、、、ごめん。

ほんとに素晴らしかったです。

水彩から日本画から陶器からステンドグラス、彫刻から建築、、天才は何でもできる!

わたしもこんな人になりたい!!!とテンションあがったのでした。


戻って早速 古本屋で堂本印象の画集を買った。
それに書いてあった一文に共感する。


   壁画・ふすま絵・大作

   制作そのことが私にとって大きな感激のそのものであるとすれば、
   それに存分の力を傾倒して、精魂を傾けつくさなければならなぬ。
   
   最初にそれがとても至難だとおもわれるものを、屈伏せずにやり遂げると、
   それは必ず至難ではないものであることが分る。
   人間は謙虚な、そしてつつましやかな心が必要であるには違いないとしても、
   そのことを弱気と混同してはならないと思う。
   いけないのは努力や刻苦をいといすぎない心の存在である。
   臆病は自分をしばし卑屈に追込む。
   これは芸術の創造的精神と合致しない。
   古来の巨匠達は必ずそうした心の反省があったとおもうのである。。。。



もちろんこの師とのレベルの違いはあるしにしても、
私もこれまでの大きな襖や壁画を描かせていただく際には、同じようなことを思って
制作に挑んでいます。
この本に書いてあるすべてが私にとって、今一番必要で励みの言葉を頂いた感じがします。



いろんなことに出会えたこの京都という街。
私に沢山の重圧をくれる京都の芸術。
たくさん思い悩む自分の時間。
そして良い師から教わった技術。
どれをとってもこの3ヶ月は、李惠というアーティストにとっては
今までの人生の中で一番必要な時間になっているとおもんます。
by likeiart | 2011-11-22 20:23 | 京都修行 | Comments(12)
Commented by ryo--- at 2011-11-22 21:30 x
もうすぐ12月。京都でのお勉強も残すところ一月ですね。沢山学び、ヨイモノを見て感じて・・・。師の言葉 やっと一月たった今、思う事ズバリです。今から大変な事になっていくスケジュールを、やり遂げる事が私の使命か!?

李惠姿は宇宙人が撮ってるのかな?
Commented by mayumi-ne at 2011-11-22 22:08
おぉぉ、そこそこ^^
堂本印象よっ!!
行ったのねp(^-^)q
陶板美術館とやらはしらなんだ~、そこのモネの睡蓮みてみたいわぁ。
やっぱりアーティスト李惠のアンテナはただものではないわ@@
ナガレイシ!!!(←流石ってことよ(^_-))
Commented by satesate_da at 2011-11-23 04:46
やっぱ、京都は文化の街。ワクワクするよねー。
ところで、詩仙堂は行きましたかい?
書と詩の名人、石川丈山の終の棲家ですばい。
学生時代、紅葉の時期に何度訪れたことか。
狩野幽山が書いた36人の画があって、味わい深い。
今の紅葉の時期に、是非。
Commented by likeiart at 2011-11-23 09:14
>ryoにいちゃん!
亮ちゃんももう一ヶ月か〜早いね。
これから大変になって行かれると思いますが、亮ちゃんには最強の宇宙人がついてるから大丈夫ね!w
1年後の亮ちゃんはもっと自信をつけられるでしょうね。
がんばってー。

私はいつもポケットにおかかいのカメラマンを連れて行っていまーす♬
Commented by likeiart at 2011-11-23 09:17
>mayumi-ne
情報ありがとうね!
堂本印象、イメージしていた作品とは全然違ってました。
美術館も素敵だったー。人が少なくて穴場だわ。
金閣寺に行った帰りに行ったの、すぐそばだったから。
その日、フランジパニにも行ったよー。
妹が来ている時にね!
Commented by likeiart at 2011-11-23 09:21
>sateさん
京都は今ちょっと出かけると帰ってくるのもたいへーん。。
バスなんかギューギューでどこも人でいっぱいです。
詩仙堂はここへ来てすぐに行きましたよ〜〜〜。
うちの大学のすぐ近くなので学校帰りに行きました。
こじんまりとしてとても気持ちのよいところでした。
でも???狩野幽山の36人の画なんてあったかしら?????
見てない気がするけど。。。
また行ってみようかな
Commented by ペパーミントパティ at 2011-11-23 23:46 x
京都は住んでるだけで勉強になるみたいね。李恵さんがスポンジの様に日々吸収してるのが分かる。
美術館という建物自体がいちいちアートだね。
Commented by likeiart at 2011-11-24 08:25
pepaちゃんおはよう
こんなにいろんなところ見て回ってるけど、
3ヶ月住んで行ける所と言ったら3分の1もあるかな〜。
それほど、沢山の名所があるわけだけど
先日大阪に行ったら、、、なんか下界に帰って来たーwみたいで
少しほっとしました。
芸術の中で住むというのは、結構緊張感いっぱいで疲れますね〜
Commented by キャサリン at 2011-11-24 23:19 x
リケイちゃん、私も詩仙堂行ってみたかとー !?
リケイちゃんもう一回行きたいってかぁ?行きたいてかっ?
Commented by likeiart at 2011-11-25 08:58
>キャサリン おはよう
明日来るんだよね!?楽しみにしてまーす。
ナニワタリバンは京都で見るん?
Commented by キャサリン at 2011-11-25 12:42 x
そうよ、京都でみるわ
でも難波タンバリンでなくて難波アフガニスタンでなくてナニワサリバンだと思うわー なははっ
Commented by likeiart at 2011-11-25 17:58
タリバン(笑)