李惠likei日々の仕事と、、

唐紙の魅力

c0114110_19341564.jpg

今日の京都学の講義は一番楽しみにしていた「京唐紙」について。
日本で唯一現存する唐紙を受け継いで作っている創業360年の「唐長」のご主人のお話でした。

その美しさとデザインと言ったら、ほんとため息の出るほど。
和紙好きな私には唐長の唐紙は、昔から憧れのものです。
もし予算持っているお施主さんがいたら、ぜひ!使ってもらうのにといつも思っていました。


高価すぎて私は手がでませんが、いつかお金持ちになったら
自室のインテリアに使いたいと思っています。


8年くらいまえにその京都は修学院の工房「唐長」さんに伺ったところ
なんだか一見さんお断り風な雰囲気に怯んでしまって、せっかく行ったのに
お話も聞けなかった。
だから本日こんな形でお話が聞ける事をとても楽しみにしていたの。


1000年ほど前、唐から都に伝わった唐紙。
その時代の職人が、アレンジをして日本独特の柄を生み出したものは
1000種類ほどあったものと考えられますが、
現在は650枚の版木として残っています。
唐長さんは、その残された版木650枚を大切に守り、
伝統の柄を今も作り続けていらっしゃいます。
京都に13の唐紙を作っているところがあったが、今ではこの唐長さんだけ。

京都で代表的な桂離宮にもこの唐紙が使用されていて、
京都の至る所のお寺などでも見る事が出来ます。
現代でも モダンで素敵な柄は、インテリアとして
洋風にも和風な空間にも とってもよく似合います。



今日は、勉強になるお話いっぱい聞けちゃった~~~045.gif
by likeiart | 2011-10-11 19:41 | 京都修行 | Comments(6)
Commented by mizore at 2011-10-11 20:54 x
お、噂の「唐長」!!
たっぷりお勉強して帰ってきたら講義してね〜。
Commented by mayumi-ne at 2011-10-11 23:36
念願のお話が聴けて、知りたい情報が得られるなんて幸せだよね。
貪欲にいっぱい吸収して新生likeiの糧にしてくだされ~!!

桂離宮、ずっと行きたいと思ってるんだけど。。。
もし行くときは声かけてくださいね!なんたって予約制ですから~~。
Commented by likeiart at 2011-10-12 09:32
>mizoreねーちゃん
うん!帰ったらみんなにいろんなこと教えちゃる!
楽しみにしててね〜ん。
Commented by likeiart at 2011-10-12 09:33
>mayumi-ne
うん、昨日もよい収穫あったよ〜♡
桂離宮ぜひ一緒に行こうぜー。
平日がいいねー

今夜もよろしく〜
Commented by ともみ at 2011-10-12 22:08 x
ほんと、きれい!
いつか李惠さんのインテリアで拝見できるかな?
Commented by likeiart at 2011-10-13 14:37
>ともちゃん
素敵なのよー。ほんとに。
昔の人はこんな柄を生み出してすごいよね!
それをずっと受け継いで行く精神も並大抵じゃないと思います。
敬意を持って京都の良い物に触れたいと思ってマース。