李惠likei日々の仕事と、、

「書」講座一日目

c0114110_20492314.jpg

c0114110_20492320.jpg


今日の授業は「書」でした。
先生は中国人の李庚(りこう)先生。今日はいらっしゃらなかったけど、もうひとり李中華(りちょうか)先生という本場中国でも実力派で中国の一番大きなお寺の看板文字を書いたという方に教えていただく。
それ聞いただけで、あたしのテンション上がりまくり。

「李先生たちとファミリーかもしんない。李惠です」っては、内緒にしとくけど(笑)


何の書き方も教えられず、いきなり古典文字を複写させられ、初心者には結構ハードル高く、私の前の席の女性はアタフタ。「書き順教えてー」と先生に訴えていた。



李惠のところに先生が来ると
「君はいいねー、そして早いねー、あと2、3枚書けばいいよ」って褒められた。
2、3枚が中国人なまりの日本語なので2000枚に聞こえたから
「え。にしぇん枚もー?」と聞きかえすと
先生は「アハハ、にしぇん枚も書いたら君は仙人になれるよ」


よし!にしぇん枚書いて、しぇんにんになれるならば、書いてやる!


まずはここにいる間は毎朝早起きして、練習することにした。



少し居残って李庚先生のところで、「先生、墨の硬さ試してもいいですか?」など、何でも質問して先生の骨の髄までしゃぶってやる勢い。

「あなたは京都の人?」

「いえ、九州から来ました。三ヶ月ここの講座を九講座とって勉強に来たんです。」
「あ、そう、それはすごいなぁ、いいことだね」


明日はまた李庚先生による水墨画の講座なんだ。




☆写真は李庚先生と 李庚先生に書いてもらった書画。
お部屋に貼ってます。
by likeiart | 2011-09-29 20:49 | 京都修行 | Comments(7)
Commented by sugimokkei at 2011-09-29 23:55 x
学ぶってうらやましい! ぜひ仙人界に!!
Commented by mizore at 2011-09-30 00:01 x
かぶりつきで学べるっていいですね〜。
壁面の筆が圧巻!アートフル〜♡
Commented by ichaf at 2011-09-30 08:15 x
京都王将の看板書いたのもこの先生だよ。




嘘だけど
Commented by あんじい at 2011-10-02 11:30 x
いい書ですね
軸にして大切にしておきたいような。
私の部屋には吉林省の中学生が書いてくれた篆書体の軸があり
みてると漢字の創りが解り、飽きないですね。
亀甲文字から覚えるそうな
Commented by likeiart at 2011-10-02 18:03
>あんじいおとうちゃん
先生のこの書は、受講のみなさんに書いてくれました。
ものの5分くらいでさらさらと。。
バランスと構図がいいですよね。落ち着きます。
あんじいさんも書の世界お好きですか?
Commented by あんじい at 2011-10-02 21:55 x
毎日こそっとブログ見せてもらってるけど
京都シリーズついつい話したくなるんです。
中国の皇帝、いい書はしっかり御陵にしまい込んで仕舞うとか。
魅力あります。
工芸繊維大の学生も結構我が社にいます。
いいですよね。
漆専攻してた子とかいて、いかにもウルシです。
Commented by likeiart at 2011-10-02 23:22
>あんじいおとうちゃん
ありがとうございます。
こっそりじゃなくて堂々と見てもらってもいいんですがー(笑)
いっぱいお話も聞かせてください。
「いかにもウルシ」ってのが、どんな人なのかな〜(笑)
あんじいおとうちゃんもお仕事で京都来れへんの?