李惠likei日々の仕事と、、

かっちゃんと行くカンボジア旅行記 その5(世界遺産タ・プローム)


「私はここへ呼ばれたんだ」


パワスポ巡り好きな人や精神世界に浸っている女子がいーそーな言葉w
そう思えるのならおめでたい話だが。



なんのこと、
そもそも 私がここへ来た理由。

社長に
「今、めちゃくちゃ暇なんです=」とぼやいていると
「そんな時もあるんです!!暇ならハワイでもどこか行ってきちゃえばいいじゃない!」
と言われて ハタと気付く。
(そうだわ、海外へはもう1年も行ってないよね!?最近韓国や中国ばっかで飽きてたの。。。
                     どこか違う国へ行って刺激を受けてこなきゃ!!)



それを助言された晩、私はパソコンにかじりつき、海外ツアーを検索、
その日のうちにアンコールワットを見に行くことを決めた。



ここを選んだ理由は、「前から見に行きたかった」 それだけ。


でも、、、ツアーと言ってもひとりは嫌だな~~~~。
だれか一緒に行ってくれる人はいないかな~。。。。。。


脳裏に浮かんだのは近所で家族のように仲良くしてもらってる「かっちゃん」。
すぐにOK!をもらった!うっきゃー♪


パスポートの継続もしていなかったかっちゃんに急いで申請してもらって
ビザを取るのに時間がかなりかかるとのこと。ギリギリで申し込めたのだった。
バタバタ〜あれよあれよとここへ来てしまったという感じ。








王朝が滅び 誰からも監理されずにそのままジャングルに覆われた状態で、
時間だけが過ぎて行った。
もちろん現地の庶民は、そこにアンコールワットがあることも知っていたが
しかし 彼らには無縁の場所。
カンボジアの庶民は自分たちが生きて行くための生活でいっぱいだったし、
その建造物を維持しようなど そんな発想もできるレベルでもなかったのだ。
手つかずの遺跡群が、フランス人学者によって発見されたのはわずか150年ほど前。
その学者によってヨーロッパを中心に多くの人々に広めたのだった。




ジャングルの中でずっと眠っていたであろう痕跡がわかるひとつの遺跡「タ・プローム」に来た。
鬱蒼と茂る背の高い樹木の間に出来た参道を歩くのは、日陰になっていてとても気持ちいい。


犬が二匹 番をしていた。
聞くと、警察の犬だそう。警察犬ではなく ただ警察が飼っている犬らしいw
c0114110_10194144.jpg



犬の目を見ると飼われているのは人間じゃねーか?と思うほど、IQがすごく高そう。
意識が表情にはっきりと出ている。
どこに行っても犬が大人しく地面に座っている光景を見かけたが、
もちろん首輪などつけてなく誰かが散歩させているわけでもないのに、、
じーっとしていて ワン!など吠えたのを一度も聞かなかった。
どの犬も穏やかで同種だった。
なんとかピードルやブーブーやそんなどうでもよい名前の犬なんかいなかった。
すべて一種類の犬。言わば王朝時代からいる血統証付きばかりなんじゃないかな。

c0114110_10194650.jpg


参道では、民族音楽が演奏されていたりした。
かっちゃんが、路上で売っている「竹で出来た笛」のような楽器を欲しがって、
根切り倒して買っていた。


それを手にしたかっちゃんは嬉しそうにそれを弾きながら歩いている。
ビヨ〜〜ン、ビヨ〜〜〜〜〜ンという音が鳴っている
         (ね~、ちょっとなんかが足りん人みたいやけど。。。w)
c0114110_10192633.jpg



        あ、そろそろ着いたみたい。こっちこっち~
c0114110_10192918.jpg


              タ・プローム遺跡
c0114110_10283932.jpg


中へ入って行くと、大きなそれはとても大きなガジュマルの根が建物を覆っている。
ほっとくとこのガジュマルの根が遺跡をどんどん破壊していくらしい。
凄まじい光景だった。ジャングルの凄さを目の当たりにしたよう。
c0114110_10193310.jpg



しかし、この遺跡は先ほどのアンコールトムより、自然のパワーも感じられ
とても気持ちの良い場所だった。




c0114110_10214568.jpg

建物の中でこうしてお線香を売っている光景がよくある。
私らはここならとお線香を頂きお参りした。
すると、女性が 赤い紐を私の腕に巻き付けてくれて
目の奥まで透き通るような純粋な目で「GoodLuck!」と言ってくれた。

心が熱くなった。





私たちはここを見学した後、レストランへ昼食をとりに行った。
           ↓これはココナッツ味の蒸し物(美味しかったよ)
c0114110_10305063.jpg

おじちゃんたちが私たちのテーブルの前に座った。
私たちのテーブルだけ今から宴会でも始まるんかと思うほどビールが並ぶ。
(昼間っから飲み過ぎたー)
c0114110_1031025.jpg


さてお腹も膨れ、
一度ホテルに帰り1時間の休憩を取って、午後からはいよいよアンコールワット遺跡へ!!



私がシャワーから出て来ると、すでにマイケルのような姿でかっちゃんが寝ていたw
c0114110_10343233.jpg



                    。。。。。。。つづく〜〜〜〜



*一緒に旅を楽しんだ「かっちゃん」ことハナピーのブログもこの旅のこと書いています。見てね
 Blog「ハナピーの気ままに気分次第」
by likeiart | 2011-06-26 10:42 | かっちゃんと行くシリーズ | Comments(14)
Commented by mizore at 2011-06-26 11:09 x
カンボジアの涅槃像ですか??
相変わらず姿勢が良い!

カンボジアの笛ってアイヌの民族楽器に似てますね〜。
アイヌのは糸がついてますが、ビィヨョョ〜ン、ビィヨョョ〜ン、
って面白い音がするの。
これも同じような音なのかなぁ。。。
Commented by hana-pk at 2011-06-26 11:19
早く起きたのに二度寝しちゃいました〜。。。ギョヘッて感じやねw
sorosoro書き始めなくっちゃ。。。
上のお姉ちゃん実物見たければ、いつでもいらして。。。
生で聞かせてあげる〜♬
Commented by ともみ at 2011-06-26 14:12 x
わぁ~かなり見応え、読み応えあります!
建造物や人々、食べ物・・・
そして、hana-pkさんの七変化!?(いや、もっとあるな!!)
続きも期待してますよ(^^)
Commented by ペパーミント☆パティ at 2011-06-26 15:44 x
嗚呼、腹イテ―っ!
寝転がって携帯で読んでたら
あんまりオモロいのと
かったるい(ページが進まない)ので
起き上がって今PCで見なおしたよ。

かっちゃんの表情....おっかしい.....。
最高やね。
神無月かと思ったよ。
しかし、《かっちゃんと行く》って......
その辺の地方アナウンサーやタレントと行くバスツアーみたい。

犬、賢い顔してんね。
甘やかされてない証拠だ。

タ・プロ―ムって凄いね。
なんかその辺の時間が“しっとり”してる感じ。
行ってみたい.....かっちゃん(神無月)と。

昼からビールのテーブル前のオヤジ。
左は平幹二朗?それともオラウ―タン(森の住人)?

そしてベットにはマイコーが.....
ということは!
あの同席したおじちゃん、バブルス君?

写真の一つひとつにツッコミを入れたくなるぅ。

『ひーぅっふう!!』←マイコー


Commented by likeiart at 2011-06-26 21:41
>mizoreねーちゃん
死体みたいに姿勢が固まってるよね〜笑

アイヌの民族楽器にもこんなのあるんだ。
竹で出来てるシンプルなものだからどこにでもありそうではあるよ。
そうそうビヨ〜〜〜〜〜〜ンっていうヤツ。
かっちゃんに生演奏やってもらって♪
Commented by likeiart at 2011-06-26 21:42
>かっちゃんまた寝たの〜〜〜〜。
かっちゃん旅行記みたいになってきたね!
やっぱりあなたはサイコーに面白いよ
Commented by likeiart at 2011-06-26 21:44
>ともちゃん
面白いやろ〜。面白いの!かっちゃん☆
本人はそうは思っていないと思うけどね。
長々と書いているけどこれでも描ききれないくらいよ。
飽きずにおつきあいよろしくね〜
Commented by likeiart at 2011-06-26 21:47
>ペパーミントパティ
突っ込みが毒舌やね〜
神無月ってあれですか〜。また怒られるよ〜〜〜
ひとりで登場人物に似てる人探してるでしょう。
でも妙にツボにハマルw
オラウータンってバブルス君って、、、おじちゃん見てたらどうしよう;;;笑
でもこれ読んでたらかっちゃんと行く〜〜〜旅行がしたくなるでしょう。
飽きる事ありませんよ〜!絶対!
Commented by mayumi-ne at 2011-06-26 22:08
ううううう~~~む。おもしろい。(*^^)v
「かっちゃん」サイコー!!!さながら生きた遺跡。
本物の遺跡のスケールもすごいけど、生きてるかっちゃんの記録から目が離せないわ@@
つづきもまってるよ~
likeiちゃんの体調はもうもどったん?
Commented by kyoko at 2011-06-26 23:50 x
私もカンボジア、行きたくなりました〜!!
このホテルも過ごしやすそうだし。
お二人のブログを「冷静と情熱のあいだ」の辻仁成と江國香織的でダブルで楽しんでますよw(「冷静〜」は読んでないけど)
Commented by likeiart at 2011-06-27 08:52
>mayumi-ne
「生きてるかっちゃんの記録」遺跡よりインパクト強い?
たいした人だわね〜。
この竹の楽器を拭くかっちゃんの銅像作ってあの場所に置いときたい気分w

私の体調心配してくれてありがとう。
もう今日から大丈夫の予定!
Commented by likeiart at 2011-06-27 08:54
>kyokoさん
コメントありがとうございまーす。
カンボジアよかったですよ〜。
まだ2日目のことですが、4日間コースでもこんな感じで充分楽しめます。
「かっちゃんと行く〜」のほうが2倍は楽しめますがw

まだまだ続きます。ご拝読よろしくね〜☆
Commented by どーも at 2011-06-28 12:43 x
クスリとするところ満載ですね。
”警察犬←ただ警察が飼っている犬”(まちがいなし
”ピードルやブーブー”海外でさらにさえるブラック李惠を感じる(笑)

がじゅまるすごですね。まるでナウシカの世界だー。
笑い、驚き、ジーン(;v:)とする旅ですね。

Commented by likeiart at 2011-06-28 20:24
>どーもさん
ご拝読ありがとうございます!
今回の旅もまた私だけが感じる部分ってのが、もっともまともな見解な気がしてなりませんw
インプットで来た事も、面白い事もたくさんあり、私はきっと旅を2倍満喫出来たと思います。
このかっちゃんという人物と一緒だったのがラッキ−でした!