李惠likei日々の仕事と、、

かっちゃんと行くカンボジア旅行記 その4(世界遺産アンコール・トム)

ピピピピ ピピピピ
朝6時に携帯のアラームが鳴る。

(あ~鳴ってる~)と思いながら夢心地の中、

隣で爆睡していたはずのかっちゃんが、突然、ものすごい大きな声で

「ちょっとぉーー!李惠さんっ 晴れとぉーーーーーばい!」と叫んだ。


私は何かとんでもない寝坊をしてしまったのでは!?と、その声に飛び起きた。
(あーびっくり!!あっさから またテンション高い人だね かっちゃんw)

そんなこんなで「雨期=100%雨」は、このテンション高い晴れ女のおかげでかき消され
朝からすごくよいお天気!ナーム~


周りからのイメージでは、私がやっちゃなイメージを持っている人が多いけど
いやいや、この方、かっちゃんの天真爛漫さは右に出る物はないのです。
彼女は小学生並みに ぶっ飛んでます。

         ほら、この朝食を前に屈託ない嬉しそうな顔も↓(笑)
c0114110_18273078.jpg

        ここホテルのバイキングが全行程の食事の中で一番美味しかったな。




さてさて朝の前置きが長くなりましたが、今日がこのツアーの本番です!
世界遺産アンコールワット遺跡群を1日で回る予定。
つい先日の「白川郷」に続き、私は世界遺産巡り第二弾!




この日のルートは、
1番に「仏教芸術の傑作を数多く残すアンコール・トム遺跡」
2番に「巨大なガジュマルの根に覆われた遺跡*タ・プローム」を見学し、
午後からは、いよいよ遺跡群の中でも最も大きいクメール芸術の傑作「アンコールワット」を
見学する予定になっています。

まず私たちはホテルからバスで5分ほどのところにある遺跡巡りに必要なパスカードを作りに。
写真をその場で撮って、パスカードを発行してもらいます。
それを持っていると1日どの遺跡でも見学する事ができます($20)
 
            ↓じゃーん、李惠のパスカード
c0114110_1830404.jpg


それを持ってバスに乗るとものの数分で、見えてきました。
c0114110_18321514.jpg

アンコールトムの南大門です。
この鬱蒼としたジャングルの中から突如、この遺跡が現れて来る
その異様な光景は、息を飲むほどの感動に包まれます。


            ↓この人の顔もびっくりして固まっていますw
c0114110_18324716.jpg


アンコール・トムとはアンコール遺跡のひとつで12世紀後半、ジャヤーヴァルマン7世
という王が建設しました。

         ↓この寺院の一辺3kmにはお堀があり景観もすごく綺麗です。
c0114110_18332760.jpg


それを渡す橋の両脇には阿修羅像54体 神々像54体が、ナーガと言われる蛇の精霊
綱引きのように引っ張っているところです。

            ↓ほら、太陽君が綱引きの格好していますw
c0114110_1834179.jpg



門の近くに来ました。
わ~すごい!!
c0114110_18375322.jpg

塔の四面に人面(観世菩薩像)の彫刻が掘られています。
これを(バイヨン)と言います。
c0114110_18342815.jpg



さ~ここをくぐり抜け本殿のほうへ参ります。
ここから建物まで1,3km。

日本はこのアンコール遺跡群の修復に参加しています。
こうやって看板にもちゃんと掲げられていて カンボジアの世界遺産復興に貢献
していることに嬉しくなっちゃいました。
c0114110_18371994.jpg



建物の中に入ると「くわぁっ!くしゃ~~~ぃ」。
コウモリのアンモニア臭らしく鼻をつんざくようなキツい匂いで、
しかもむわ~んとした暑い空気の中、結構しんどいもんがありました。
             (でもアイドル、笑顔を忘れない)
c0114110_18383497.jpg


           ↓壁面には当時の生活が克明に彫刻。よく出来てます。
            (文字に残すよりリアルに想像できるね)
c0114110_18381985.jpg


回廊の中は結構狭くて険しいんです。
かっちゃん大丈夫?w (はぁ〜〜〜?)と言っているようですw
c0114110_18384714.jpg


こうやっていくつもの塔(バイヨン)に神々の顔が彫られているのがアンコールトムの特徴で、
この建物だけで117面の人面が彫刻されています。

                ↓左のお顔は「京唄子」w
c0114110_18393165.jpg



                   ↓建物の全景
c0114110_18394419.jpg



そして象の彫刻が施された王が謁見するための「象のテラス」と呼ばれる
長~~~~い350mもあるテラスを見ながら歩いてバスへ。
350m歩くだけで暑くて死にそ~~~~~~。
c0114110_1857257.jpg

               実際に王がここを歩く姿を想像しながら。。。。。。



あーもう一カ所でで終ってしまった。
一カ所だけでもかなりの見応え。体力も相当消費します。
行かれる人は ぜひ、扇子や虫除け、暑さ対策を!

さてと
次は大きなガジュマルの根が覆いかぶさった「タ・プローム」へ,,,,,,,to be continue.




*一緒に旅を楽しんだ「かっちゃん」ことハナピーのブログもこの旅のこと書いています。見てね
 Blog「ハナピーの気ままに気分次第」
by likeiart | 2011-06-25 19:09 | かっちゃんと行くシリーズ | Comments(6)
Commented by ペパーミント☆パティ at 2011-06-25 23:26 x
写真を見ると
ホントに楽しそうですね。
でもやっぱり“夜のプール”の二人の写真が
脳裏に焼きついて眠れません。
そしてバビル2世のメインテーマ
『ポセイドンは海を行け』を思い出す。
↓↓↓
http://youtu.be/m5MVOdV6wQE(0:35位に登場します)
Commented by hana-pk at 2011-06-26 06:02
お早う〜♬ 昨晩は例のTAROさんのドラマがNHKであってて見終わった後爆睡しました。。。
今起床。。。いやいや私ってこんなに表情豊かだっけ?
旅のかっちゃん日記の最高傑作は、アレ?ですか〜www

しかし早いもんでもう1週間が過ぎましたね。。。
上の方、今度私らと海の中道サンシャインプールでも行きますか?
いやいや宮崎シーガイヤの方が良い?
Commented by mayumi-ne at 2011-06-26 09:49
シーガイヤ!!!
宮崎もいったことないし、一石二鳥(*^^)v
あ、でも水着にはならんぞ(もう行く気!?w)

本題からそれましたねw;
やっぱりカンボジアにちゃんと行ってきたのね~
日本じゃない文化?文明がそこにはあるんですね。
2人がイキイキ☆してるわ!「気」がいい所なんでしょうね~
Commented by likeiart at 2011-06-26 10:45
>ペパーミントパティ
見た。見たよ。
海から上がってきたバビル2世wwwww
もう!パティ怒られるよ!って、私も一人何度もあの写真を見て
そう思えてなりません。
Commented by likeiart at 2011-06-26 10:48
>かっちゃん
気圧のせいなのか、重力が重いせいなのか、眠いね〜。
私、タイトルまで「かっちゃんと行く〜」にしたけんね。
まーこの旅はやっぱり主人公はあなたでしょう〜。
おじちゃんの存在すら 消えてるからね。
気〜抜いて寝ている場合じゃないよw 次もお楽しみに
Commented by likeiart at 2011-06-26 10:50
>mayumi-ne
え、まゆみーぬも水着になる?
かっちゃんOKだったからまゆみも大丈夫よ。私がネタにしてあげるからw
そうなの?これまでの記事だったら何処でもいいもんね、
本当に行ってきたのよ〜続きも読んでね!!☆