李惠likei日々の仕事と、、

実家というインテリアのカテゴリ



先日実家へ行ったときの写真を見た友人が、こう突っ込んで来た。

友人「ねえ、あの扇風機の羽が青いってのは古い扇風機だね。」
李惠「あ、そうよ。子どもの時からあるヤツ」
友人「冷蔵庫の上の計量器ってどうやってとるの?」
李惠「知らない、使ってないんじゃない」
友人「後ろの水屋なんかも実家って感じだね」
李惠「うん、そうね」

友人「ね、李惠ってインテリアデザインとか空間デザイナーなんて言ってるけど、
    実家は実家っぽくてなんか安心したよ(笑)」


とわけのわからない事を言われて我に帰った。



そういえば、、なんでこんな狭い壁の空間にでかい絵を飾るの?とか
床の間でもないのに、、こんなだれも見ないとこに掛け軸を掛けるの?とか
なんでこんな造花を飾るの?
なんでトイレに李惠の写真を飾ってるの?(笑)
もちろんすべての色なんて統一もされてないし、、
頂き物の変なカレンダーに「おとうさんゴルフ」とかいろいろ予定を書いてあるし
使わないものもたくさん、、
などと、気にはなっているものの それを触ろうともしない。


だって実家なんだもの。


以前ブリザーブドフラワーの置物みたいなものを頂いて、、
(いや〜これはちょっと李惠の部屋には飾れないな、、)なんて思って実家に持ってったら、、
なぜかしっくりと飾ってあるし、、、


だって実家だから。


でも実家がインテリア雑誌にでてくるような家だったらと思うと
なぜか落ち着かないんじゃないか。
気にしようと思えばいくらでも気になるけど、、、
実家は実家というインテリアのカテゴリがあるような気がする。


そんないろんな想い出や温かい実家があることが今はありがたいと思える。
平和な日本がここにあるって感じ。

私もこの先誰かの実家を持って
「あ〜〜〜ほっとするな〜」なんて言ってくれる子孫に恵まれるのだろうか。。。。



無理だろうな。



「Likeiの絵日記」サイトもよろしく!面白いよ!→http://lienikki.exblog.jp/
私の作品集はこちらから→http://www.likeiart.com038.gif
by likeiart | 2010-09-28 12:30 | ひとりごと | Comments(0)