李惠likei日々の仕事と、、

祈りの旅 その3



夕方長崎市街地に入る。

丸山町。
赤線地域。
1958年の風俗法が成立する前までは、公認だった売春。
男性が女性と遊ぶ遊郭が立ち並ぶ地域だった。
そこを歩けばその名残があちこちに見られ、なんとも妖艶な感じがするのは
この地域がそうであることを知っているからなのか。
c0114110_22143625.jpg

c0114110_22144874.jpg

海外との貿易が盛んだった出島があったため
異国の紅髪女と呼ばれる異邦人(海外コンパニオン)を相手に遊ぶ男達。
その華やかな時代があったからこそ今の長崎があると書かれていた。


「花月」の門構えは、今も健在。
c0114110_2215092.jpg

このような模倣された飲食店を目にするが
ここの佇まいは凛とした空気が流れる。
仲居さんらが着物をきて行き交う様は板に付いていて
目を合わさないように知らない世界を見たさの子供のような私が柱に身を隠し覗いている。



その華やかだった当時の様子を妄想しながら歩いていると
まさに自分がその時代にタイムスリップしたようだった。
その日の夜は豪遊したい気分だった。
「お兄さんっ」と手をしなだれて、招くと誰か私に付いて来てくれるだろうか(笑)
c0114110_22155280.jpg



しかし一般人の私はお決まりの中華街で中華を食べ、バーで一杯呑んだだけ。




この街では猫ちゃんたちがたくさん住んでいる
みんな何かの病気になっているようにやせ細っていた。
うちのミークンタンのお肉をあげたい。
c0114110_22162782.jpg





李惠が「お兄さん」って声をかけたら付いて来てくれる人
ポチッとお願い!(笑)
まだまだつづくよ〜〜〜
by likeiart | 2009-08-10 22:20 | | Comments(4)
Commented by hana-pk at 2009-08-10 22:34
タイムスリップして戻られたのでは?
思案橋に『桃若』というおでん屋さんがありました。お勧め!!
確か以前は遊郭だったと聞いてますが...
教会から、昭和の戦後の風景。
風俗はオモシロイ。
Commented by mizore-chi at 2009-08-11 02:44 x
ゲゲッ!なんだか親近感のある年に風俗法が成立したのですね〜 (^^;)
それにしても昔から海外コンパニオンっていたんだ。ちょっとびっくり。

路地裏の外灯の下、ミニのお姉さん風のモノクロは妙に怪しげで昭和の
匂いがぷんぷんしてる。
きっとぞろぞろ付いてきますよ〜!。。。。。。。。。猫が ♪♪♪
Commented by likeiart at 2009-08-11 07:59
わ〜〜〜そう言えばあったあった「桃若」って看板。
思案橋のすぐ横が丸山町なのでたぶん遊郭だったんでしょうね。
またチャンスがあったら行ってみたな。
風俗ってオモシロイって私も思います。
もっといろんなことが知りたいな〜って思います。
Commented by likeiart at 2009-08-11 08:06
海外コンパニオン。。ここではアジアンなコンパニオンじゃなく(笑)西洋人だったんでしょうね。
日本建築の遊郭に西洋人が着物を着て日本人と遊んでいる風景を妄想していたら、、
その時代に行って覗いてみたくなりませんか?私だけ?
こんな光景ってこれから先映画なんかでしか見れないんでしょうね。

猫付いてきますかね〜(笑)