李惠likei日々の仕事と、、

「Gregorian Chant」の音楽に魅せられて



ひとりで由布院に行ってきました。
「湯布院」と「由布院」どちらが好きですか。。
まーどうでもよい話ですが。

あまりいい想い出がない私にとっての大凶方角「由布院」。
2件の旅館のお仕事でひどい目にあった因縁の地。
由布岳の雄大さが目の前まで迫って来るようで
その想い出と湯煙がさらに殺人事件でも起きそうな気配がしてくる。
「湯けむり旅情殺人事件」。


その数年前までは 由布院と言えば山荘無量塔(むらた)シリーズが
素敵だと思っていたが最近はこんなものがあまりいいなとは思えなくなった。
あまりにもかっこよすぎでやりすぎたものに興味がなくなってきている。


平日の由布院は人気も少なく、どこへ行くにも嬉しくなる。
いくら人気の由布院も土日だけの商売なのかと思うくらいこの日は特別殺風景でした。


私は由布院のほとんどは目をつぶっても歩けるくらい何度も訪れています。
まずは由布院駅をおり、てくてくとお土産屋さんなどが並ぶ観光通りを歩く。
また目新しいショップがいくつかお洒落にオープンしてた。
「おむすび」屋さん。ディスプレイも格好良く。。
c0114110_2181160.jpg
おにぎりを飾る什器の家具にこだわり、その足は釜戸風の墨入りモルタルの磨き仕上。
こんなデザインものにもいつの日からか飽きてしまっていた。

まずは小腹を満たすためにひとつだけ買ってみた。
煮たまごおむすび!
「うひょ〜〜〜美味しい!」
c0114110_2182276.jpg

煮汁がしみた卵と紫蘇がアクセントになってすごく美味しかったです。

ぷらぷらとしながら向かうは私が大好きな場所
亀の井別荘敷地内にある「天井桟敷」というカフェ。
http://www.kamenoi-bessou.jp/tenjo/
今日は大きなテーブルに一人で座ってもいいくらいお客さんがいなくてゆっくりできた。
c0114110_2194144.jpg

美味しいコーヒーとりんごのコンポートを注文。
c0114110_21102795.jpg
c0114110_21104478.jpg

この窓枠で切り取られたグリーンの絵画と静かな店内に
Gregorian Chant(グレコリアン・チャント)という優雅な音楽が流れ、
身も心も癒され別世界にいるよう。

私はここでこの音楽を聴きながら 大好きな方へお手紙を書いた。





しばらくゆっくりとお茶飲んで、亀の井の敷地を裏へと歩く。。。
裏道を抜けるともうものの2,3分で 次の目的地「末田美術館」へと到着。
末田龍介さんという作家さんの作品のみを展示する個人所有の美術館。
その方の作品というよりも この美術館の建築が好きで2度訪れている。
京都駅を設計して有名な建築家 原広司さんの作品です。
c0114110_2112144.jpg
c0114110_21122636.jpg

もう30年も経っていていろんなところが朽ちて来ている。
しかし今もなおこのモダンなデザインは健在。私好みである!
この頃活躍されてこられたの建築家の巨匠達は細部にわたって
一生懸命デザインをしているように感じられる。。。
日本人なんだけど外国人がデザインしているような建物です。
今の流線型のようなハイテクを感じる建造物はどうも苦手。

ここの内部はベニヤをたくさん使っていてここの腰壁に使っているデザインが
私の今やっているマンションのリノベに使っているのと同じ工法。
ベニアに白ペンキ。それに表情を出すために横目地透かしを同じピッチで入れて行く。
ベニヤの風合いと何度も上から塗り直せるところが安物クロスを使うより
とってもいい味になります。
「わ〜い同じ」と一人で喜んだ。
子供が考えたような楽しい空間の取り方に一人でかくれんぼをしたくなるような気分だった。

お客さんと言ったら私だけ。
老夫婦が管理をしていて、、お掃除も行き届いていない。
お庭もすごいボーボーに雑草が生えている。とても残念だな〜。

私が作品をろくに見ずに建物ばっかり見学していたので
おばあさんが不思議そうに見ていた。

外部の敷地には絵本にでも出てきそうな沼地がありそのロケーションは素晴らしい。
c0114110_21123950.jpg

野道を歩き、、温泉でも入って帰ろう。。
立寄り湯に入り今まで怒濤に忙しかった体を休め
岐路に着いた。





大勢で何かを楽しむ事もそれは別の物として楽しいけど
私はいつも一人が好き。
一人ででかけるといろんな声が聞こえる
自然の声や人の声、目にはいろんなものが飛び込んでくる。
パーティなどの故意とする出逢いでは無いもの、偶然の出逢いがたくさんある。
がやがやと集うおばさま達の集団は回りの音も聞こえず見えずにしていることが
損しているな〜とも思う。会話をしていたら聞こえるものも聞こえてこない。
たぶん目的も違うのだろうけど。


新緑のこの季節、表舞台の由布院の景色はとても綺麗だった。
裏では相当な卑劣な事情がある。
世の中、綺麗なものほど毒があることを思い知らされる


今年の夏休み、、一人どこかへ出かけるのもいいですよ。
私はまだまだいろんなところへお出かけするんだ〜〜〜。

うふふ


応援ぽちぽちお願いします!
by likeiart | 2009-07-27 21:27 | プライベート | Comments(10)
Commented by hana-pk at 2009-07-27 22:12
避暑地でのんびり散策は贅沢な一時ですね〜。
私もかなり一人旅好きな方かも?
何も考えず乗り物で何処か果てしない旅したいなあ...
由布院は、いつまで経っても優雅な避暑地ですね!!
天井桟敷でのリンゴのデザート美味しそう〜。
Commented by mizore-chi at 2009-07-28 00:23 x
素敵な時間の使い方ですね〜。
Gregorian Chantは私も大好き。最初にブログ覗いたときはまだ画像が
入ってなかったようで、Gregorian Chantを頭の中で奏でていたら大好
きな映画『ブラザー・サン シスター・ムーン』を思い出していました。

今アップされてたYOU TUBEを見てイメージがリンクしてたので嬉しく
なってたとこで〜す。聖フランチェスコの青年時代を描いたこの映画は
見ましたか?少々古い映画ですが秀逸です。音楽も素敵。
たまに口ずさむといつも同じところで調子がはずれるので友人に笑われ
ますが。。。(^^;)

DVD持ってるので見たい時はいつでもどうぞ〜。心が洗われます。
って、汚れてるのは私だけ??(>_<)
Commented by あんじい at 2009-07-28 02:21 x
軽快なフットワーク!
脚に羽が生えていそうだなあ!

グレゴリアンにとびついてしまえ。
モンテベルディの-聖母マリアの夕べの祈り- 
器楽が入るけれど グレゴリアンよりは音が多いけど
バッハ以前の教会の音楽って強く祈りがあると感じるよ。
MOZART~もそうだけど。
グレゴリアンは岩山をくりぬいた教会の修道士。
モンテベルディはルネサンス末のシンプルな居心地のいい好きな教会。

ああ~06:30の新幹線に乗るんだよね、これから。

Commented by likeiart at 2009-07-28 17:10
ハナピーさま 今日はありがとうございました〜。
なんだかわくわくしてきましたよ〜。
一人旅もだけど、楽しい夏の想い出を作りましょうね!
なんだか絵日記も描きたくなったな〜
黒門庵よろしくでーす
Commented by likeiart at 2009-07-28 17:17
mizoreねーしゃま。
ありがとうございます〜〜。
私も汚れておりますので(笑)ぜひそのブラザー・サン シスター・ムーンのDVD貸して貸して〜〜。
やっとゆっくりそんな時間がもてそうなのでぜひ見たいです。
Commented by likeiart at 2009-07-28 17:23

グレゴリアンすごくいいですね。
こんなロケーションで私の疲れた体にちょうどツボにはまったようです。
モンテベルディも聞いてみます〜。
いろいろ教えてくださってありがとうございます。
そして
あんじいおとーちゃん、もう旅立たれたのですか〜(涙)
どうぞご無事で〜〜〜
あ、本場で水茄子食べれるからよかったですね。
お仕事がんばってくださいね〜。
Commented by まゆみっちー@ at 2009-07-28 22:56 x
うふふ・・・^^

お次はどちらを旅されるのかしら?レポートたのしみにしてます。
まだ湯布院未体験のわたしとしては、うらやましい限り。
初心者はどこから「て」をつけたらいいですかね~。

じつはわたしも先日「おひとりさま」で温泉行ってきました♪うふ。
しかも湯布院と武雄のふたつハシゴで!!

…そう。スーパー銭湯「万葉の湯」です^^;へへへ。
本物の湯布院の湯につかれるのはいつの日か!? 

あ~~~!水ナスのぬか漬けたべた~~い!!!

ciao(^^)/
Commented by likeiart at 2009-07-29 12:52
万葉の湯?
湯布院のお湯はあんまりよくないよ。ロケーションが良いってだけで。
お湯はやっぱり嬉野温泉がいい!と私は感じております。
湯布院初心者はやはり山荘無荘塔あたりを攻めよう。
無荘塔のtan;sBerでお茶を飲み
アルテジオ美術館で美術鑑賞。
そのあとランチは山荘無荘塔のすぐ近くレストランムスタッシュで。お土産は山荘無荘塔の粒マスタードとチョコレート。

そのあと金鱗湖。。。。などなど、、
立寄り湯は山水館がまあまあでした。

それから水茄子はあげ升さんの水茄子サイコーですよ!
Commented by まゆみっちー@ at 2009-07-29 13:27 x
ふむふむ。湯布院のてほどき、メモさせていただきました( ..)φメモメモ
近いうちに実現できるよういのりつつ。
ありがとうごうざいます♪

そういえば先日の豪雨の日、旦那は(わたしではなく会社の)女子をつれてあげ升さんに行ったのですよ!(-"-)ズルイズルイ
Commented by likeiart at 2009-07-30 08:25
u~~~~~ん。それはあかんな。。
しかも豪雨な日に。。。
これは償いとして(笑)湯布院満喫ツアーを実施してもらわないとね!
夏は特に涼しくて避暑地としていいですよ〜〜。